ラリージャパン2023(WRC Rally Japan)観戦日記② 豊田スタジアムスーパーSS

スポンサーリンク

2023年11月16日(木)から19日(日)にかけて行われたWRC第13戦(ラリージャパン)を観戦してきました。
「ふるさと納税」の返礼品として豊田スタジアムのスーパーSSの観戦チケットを入手!
入手したチケットは、11月18日(土)の豊田スタジアムのスーパーSS(SS16)です。
1号車出走予定時刻は19時35分。
午前中は、岡崎中央総合公園付近でリエゾンを堪能し、お昼頃に豊田スタジアムへ向かいました。

豊田スタジアム画像
豊田スタジアム画像

豊田スタジアムに到着。
去年も来ましたが、今年は初めてスタジアム内で競技が行われるとあって、少し厳かな雰囲気が漂っているように感じました。

応援フラッグ
応援フラッグ

入り口で応援フラッグをゲット。
テンションが上がります。

のぼり画像
のぼり画像

スタジアムの周りには、選手の名前ののぼりがありました。
「世界ラリー選手権 日本場所」と書いてあります。
相撲の巡業ののぼりみたいです。
日本らしさ全開ですね。

WRCグッズ画像
WRCグッズ画像

売店でニットキャップとキーホルダーを購入。
キーホルダーは、かわいい子を厳選。
夜はかなり冷え込んだので、ニットキャップが重宝しました。

公式パンフレット画像
公式パンフレット画像

公式のパンフレットももちろん入手。
観客席でじっくり読むことにします。

北海道開催のラリージャパン画像
北海道開催のラリージャパン画像

スタジアム内には、北海道開催のラリージャパンの写真がいくつか掲示してありました。
懐かしい写真につい足を止めます。
セバスチャン・ローブ選手のクサラ VS ペター・ソルベルグ選手のWRX。
あの頃は、スバルも三菱もスズキもラリーに出ていました。
また復帰してほしいです。

チケットを提示して座席へ。

SS16観戦チケット
SS16観戦チケット

チケットを取る時、どこの席にするか迷いましたが、サイドを選びました。

スーパーSS画像
スーパーSS画像

観客席から見た、スーパーSSの様子です。
ゴール前の最終コーナーを目の前で見ることが出来る席で大満足です。

北海道開催のラリージャパンを観戦しに行ったとき、札幌ドームで行われたスーパーSSに来ていた観客を見て、驚いたことを思い出しました。
ハイヒールの女性が居たのです。
ラリーは、森の中で砂まみれになりながら見るものだと思っていたわたしは、札幌という都会で、しかもドームという場所で行えば、重装備をしなくても、交通の便の悪いところに行かなくても、近場で普段着でラリーを見に行くことができるんだ、ラリーを観戦するハードルが下がって、どんな人でも気軽に楽しめるようになるんだ、と感動しました。

今年の豊田スタジアムも、まさにそういう場所でした。
スタジアム内なら、用意された観客席に座って、売店で買った食べ物を食べながら見ることができるのです。
わたしたちは、売店で買ったからあげを食べながら、競技開始を待ちました。

いよいよSS16の始まりです。
まずは、ゼロカーの対決!

ゼロカー対決画像
ゼロカー対決画像

ラリーは、基本1台ずつのタイムアタックなので、2台並んで走るところは、スーパーSSでしか見ることができません。
ゼロカーでカメラテストをします。
でも速すぎてうまく撮影できないため、動画撮影に切り替えました。

スタート前画像
スタート前画像

スタート前、競技車両はコースを一周してからスタート地点に着きます。
ほとんどのクルマが、タイヤを温めながら、コースを再確認しながら、ゆっくりと走っているように見えました。
車両がスタートに着くまでは、会場内はブルーや赤のライトに照らされていますが、スタート時間が迫ると照明は真っ白に変わり、場内は静まり返ります。
数秒のカウントダウンの後、スタートの合図と同時に、2台のクルマのエンジン音がスタジアムいっぱいに響き渡ります。

注目のカードは、なんといっても18号車の勝田貴元選手と17号車のセバスチャン・オジェ選手の直接対決です。

勝田・オジェ対決画像1
勝田・オジェ対決画像1

スタート前の緊迫した雰囲気。
高回転のエンジン音が鳴り響きます。

勝田・オジェ対決画像2
勝田・オジェ対決画像2

スーパーSSの見どころの一つ、ジャンプ台です。
大きくジャンプするクルマ、ほとんどジャンプしないクルマ、車速やセッティングなどの違いで様々でした。
この画像とは関係ありませんが、ジャンプしたことでトランクが開いてしまい、パカパカしながら走るクルマもありました。

勝田・オジェ対決画像3
勝田・オジェ対決画像3

最終コーナーのサイドバイサイド!
ライトポットがかわいいです。
マンガだったら「ギャァァアアアアア!!」と擬音語が入りそうです。
間近で見ていると、勝田選手はこの最終コーナーもすごく速くて、圧巻でした。
地元開催のラリージャパンで、期待を一身に背負い、プレッシャーは半端なかったと思いますが、見事オジェ選手に勝利!
大注目の勝田 VS オジェ対決は、勝田選手に軍配が上がったのです!
会場は大興奮でした! おめでとうございます!

勝田貴元選手画像
勝田貴元選手画像

豊田スタジアムのスーパーSS(SS16)は無事終了しました。
ラリージャパン2023は、1位エルフィン・エバンス選手、2位セバスチャン・オジェ選手、3位カッレ・ロバンペラ選手という、トヨタ123フィニッシュ。
トヨタ勢の圧勝でした。
勝田貴元選手は、5位ながらも、22箇所あるSSのうち、10箇所のSSでトップタイムになるなど、大活躍!
ラリーファンにとっては大満足の週末となりました。

来年は、どこで見ようかな。

海月

海月(みづき)と申します。学生時代は休み時間に図書室で一人読書をしているようなキャラでしたが、物心ついた時からクルマが好きで、免許を取ってからずっと、改造したスポーツカーに乗っています。ラリーが大好きで、森の中で遠くからクルマのエンジン音が聞こえてくると幸せな気持ちになります。メカには詳しくないので、クルマの記事は感覚的な言葉が多くなると思います。

海月をフォローする
その他
海月をフォローする
げこ太の日記帳(997オーナーズブログ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました