ポルシェ911の手動サイドミラー

スポンサーリンク

げこ太(997カレラS後期)を購入した時、驚いたことの一つが、サイドミラー(ドアミラー)が手動だったことです。
日本車では、フェンダーミラーのクルマ以外、電動ミラーしか見たことがなかったため、手動でサイドミラーが畳めるクルマがあることを知りませんでした。

げこ太に初めて乗った時、駐車場に停めて、ミラーを畳むボタンを探していたとき、こーら氏がクルマを降りて、ミラーをバキッと畳んだのです。
びっくりしてクルマを降りて見に行ってみると、こーら氏は、ミラーが戻らないようにストッパーをかけていました。

下の写真は、ミラーを畳む前です。

げこ太ミラー画像

げこ太のサイドミラーは、丸っこくてかわいい形をしています。
サイズは大きいので、右左折の時に、ミラーが邪魔をして見づらい時があります。
写真だと見にくいですが、根本の部分には風が抜ける穴が空いています。

ミラー追加画像
ミラー追加画像

次は、畳んだ後の写真です。

げこ太ミラー2画像

赤い色がついているのがストッパーです。
手でミラーを折り曲げて、ストッパーをひっかけると、そのまま固定します。
電動ミラーのように、クルマのサイドにぴたっとくっつかないので、正直、畳んでも横幅はあまり変わらない印象です。

ミラーを戻す時は、一度ミラーを奥まで押してから手を離すと、元に戻ります。

反対側から。
ミラーを畳む前。

ミラー畳む前画像
ミラー畳む前画像

ミラーを畳んだ後。

ミラー畳んだ後画像
ミラー畳んだ後画像

あまり車幅は変わっていないように感じます。

全体の写真も載せます。
まずは、ミラーを畳む前。

ミラー記事げこ太画像

耳みたいでかわいい。

そして、ミラーを畳んだ後です。

ミラー記事げこ太2画像

耳を伏せた猫みたいです。

手動で格納されたミラーを見ながら、ヨーロッパの街並みを走る911を思いました。
ヨーロッパでは、駐車場が広く、隣のクルマとの距離が離れていて、ミラーを畳む必要がないのでしょうか。
日本では、駐車場に停めたとき、ミラーを畳むのはマストという印象です。
特に機械式の駐車場では、ミラーを畳まないと駐車することができません。
リモコンキーでドアロックすると、自動でミラーを畳む設定になっているクルマもあります。

そんな中で、手動でミラーを畳むげこ太。
畳んでもミラーが車体にあまりぴったりくっつかないげこ太。
日本では、少し窮屈な思いをさせているのかもしれません。ゲコゲコ。

海月

海月(みづき)と申します。学生時代は休み時間に図書室で一人読書をしているようなキャラでしたが、物心ついた時からクルマが好きで、免許を取ってからずっと、改造したスポーツカーに乗っています。ラリーが大好きで、森の中で遠くからクルマのエンジン音が聞こえてくると幸せな気持ちになります。メカには詳しくないので、クルマの記事は感覚的な言葉が多くなると思います。

海月をフォローする
911
海月をフォローする
げこ太の日記帳(997オーナーズブログ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました