ポルシェ911は高級車?

スポンサーリンク

タカシマヤに行ったときのこと。
駐車場が各階満車で、10階まで上りました。
10階で停めるところを探そうとすると、警備員さんに「上の階に行きますか?」と聞かれました。
上の階は業者さん専用で、一般客は入れないフロアです。

「この階は空いてないんですか?」と聞き返すと、「3台空きがあります」とのこと。
「この階に停めたらダメなんですか?」と聞くと、「いえ、この階でもいいですが、こういうクルマなので、、」と、警備員さんはげこ太をしげしげ眺めます。
上の階も少し興味はありましたが、「空きがあるならこの階に停めます」といって、10階に停めました。

警備員さんは、なぜ上の階に誘導しようとしたのか?
高級車だから?
でも、タカシマヤの駐車場には、高級車はたくさん停まっています。
車幅の問題?
でも、げこ太より車幅の広いクルマも、たくさん停まっています。
むしろ997は、タカシマヤの駐車場に停まっているクルマの中では、車幅は狭い方かもしれません。

そういえば、夏に四国を旅行した時、いろいろな場所の駐車場に停めましたが、コインパーキングは別として、警備員さんのいる駐車場では、駐車場所に配慮してもらったのでは?と思うような出来事が何度もありました。
広い角地を案内してもらったり、2台分のスペースに1台で停めてくれと言われたこともありました。

それ以前にも、立体駐車場で、車幅や車高は規格内に収まっているのに、「何かあるといけないから」と駐車を断られたことも。

話をタカシマヤの駐車場に戻します。
なぜ業者さんの駐車場に?と、わたしが疑問に思っていたら、こーら氏が「げこ太はスーパーカーじゃ無いけど、スーパーカーは、一般車用以外を案内することがあるって聞いたことがある」と言いました。

911は、スーパーカー?
そもそも911は、クルマのカテゴリーとして、どこに位置するのだろう?
考え込んでしまいました。

スーパーカーというと、フェラーリやランボルギーニが思い浮かびます。
平ぺったくてガルウィング、主な生息地はサーキット。
911は、近所のスーパーにも乗って行けるクルマ。
なんとなく、スーパーカーという言葉は当てはまらない気がします。

「昔、ファミリーカーのレースに出てたことがあるらしいから、ファミリカーだ!って言ってる人も居る」と、こーら氏。
確かに、旅行もお買い物も行って、ファミリカーっぽい乗り方はしていますが、そんなことを言ったら、本物のファミリカーに怒られそうです。

では、高級車になるのか?
確かにお値段は高めですが、オプションをつけていない状態での内装は、あまり高級感がありません。

911は、どこにコストをかけているのか。
内装の高級感ではありません。
それは、ただ一つ、「走り」です。
911は「高級車」として作られたのではなく、走りを追求していったらお値段が高くなった、のだと思います。
走りを追求したクルマ、つまり、911のカテゴリーは「スポーツカー」だとわたしは考えます。

世間では、高級車として(時にはスーパーカーとして?)扱われることもある911ですが、走りに拘った「スポーツカー」だと思います。

もちろん、異論は認めます!

そこまで考えて、結論が出たので、すっきりしてタカシマヤでお買い物を楽しみました。

海月

海月(みづき)と申します。学生時代は休み時間に図書室で一人読書をしているようなキャラでしたが、物心ついた時からクルマが好きで、免許を取ってからずっと、改造したスポーツカーに乗っています。ラリーが大好きで、森の中で遠くからクルマのエンジン音が聞こえてくると幸せな気持ちになります。メカには詳しくないので、クルマの記事は感覚的な言葉が多くなると思います。

海月をフォローする
911
海月をフォローする
げこ太の日記帳(997オーナーズブログ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました