ポルシェ911(997.2)の鍵

スポンサーリンク

ゲコ太(997カレラS後期)を購入した時、鍵が2本ついてきました。
こーら氏とわたしで1本ずつ持っており、これはわたしの鍵です。

プラ子さんと鍵画像

右側のキーホルダーは、ポルシェセンターで買いました。
キャララホワイトをイメージして、白を選びました。

左側のキーホルダーは、鍵が鞄の中で行方不明になるのを防ぐため、鍵より大きくてかさばるものをつけています。
プラ子さんと呼んでいます。
ズボンのベルトループにつけるとこんな感じでかわいいです。

プラ子さん画像

大きすぎるキーホルダーは、クラッチを踏むときに邪魔になりますが(ブーツで運転すると、ブーツの中に入ってしまうキーホルダーもあるのですが)、このキーホルダーは邪魔になりません。

プラ子さん刺さってる画像

裏面に、ドアの鍵と、ボンネットの鍵を開けるボタンがついています。

げこ太カギ画像

わたしは、今まで所有したクルマがすべてキーレスではなく、鍵穴に鍵を差し込んで回して開けるタイプの鍵だったため、初めてのキーレスです。

最近、こーら氏の持っている鍵のキーレスのボタンの効きが悪くなってきました。
そこで、ポルシェセンターで電池交換をしてもらいました。
でも、反応が少しだけ良くなったかな?という程度で、未だに効きがあまり良くありません。
電池以外のところに問題があるのかもしれません。

・・・と、ここまで記事を書いたところで、ちょっとした事件が!

げこ太カギ破損画像

なんと、ドアの鍵を開けるボタンが取れてしまったのです。
幸い、部品は無くならなかったので、はめてみましたが、、なんだか、カチッとはまりません。
少しグラグラするような、また取れてしまいそうな、そんな感じです。

部品は取れていてもスイッチを押すことはできたのですが、このまま使い続けるのは嫌だなあ、直したいな、、と思っていました。
ポルシェセンターに持って行って、修理しないとダメかな、、
ちゃんと直るのかな、、
そんな不安な気持ちを抱えたままでしたが、平日はげこ太に乗らないので、鍵はそのまま、そっとしておきました。

すると数日後、、
鍵は魔法のように直っていたのです。
こーら氏がこっそりと部品を取り寄せ、わたしが気づかないうちに直してくれていました。
ひと安心。

何をどうやって直してくれたのか、全然わからないのですが、この鍵の修理については、こーら氏が別記事で書くと思いますので、わたしも楽しみにしたいと思います。

こーら氏のカギの修理の記事はこちら
ポルシェ911(997.2カレラS)の鍵ボタン修理

海月

海月(みづき)と申します。学生時代は休み時間に図書室で一人読書をしているようなキャラでしたが、物心ついた時からクルマが好きで、免許を取ってからずっと、改造したスポーツカーに乗っています。ラリーが大好きで、森の中で遠くからクルマのエンジン音が聞こえてくると幸せな気持ちになります。メカには詳しくないので、クルマの記事は感覚的な言葉が多くなると思います。

海月をフォローする
911
海月をフォローする
げこ太の日記帳(997オーナーズブログ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました